• ホーム
  • 育毛剤を使えばAGAは治る?

育毛剤を使えばAGAは治る?

2020年06月09日
顔を抱えている男性

AGA治療での育毛剤は有効と言われていますが、プロペシアやミノキシジルなどの医薬品を使い、発毛および育毛を行うだけでなく、髪の毛の結び方や頭皮の圧迫を行わないなどの予防策も重要な要素です。長髪にしている男性などは髪の毛を結わいているケースがあるかと思われますが、結び方の工夫をしないと頭皮の圧迫が生じてしまう、これが原因で抜け毛が増えることもあります。女性の場合は、男性と比べると髪を結わく人が多いので負担を与えない結び方を学ぶことが薄毛や抜け毛の予防に繋がります。頭皮の圧迫は頭皮にある血管が圧迫されることを意味するもので、この状態になると血行が悪くなり、毛根に栄養が届きにくくなる毛髪は細くなってしまったり、傷んでしまうなどで薄毛を生じさせてします。帽子やヘルメットを長時間被る場合も知らない間に頭皮の圧迫が生じるため、注意しなければなりません。

育毛剤や発毛剤は血行を促進させる作用を持ちますが、AGA治療薬を使い育毛効果を高めたい発毛効果を高めたい時にはセルフマッサージがおすすめです。セルフマッサージも頭皮への圧迫になるものですが、これは血行を促進させる作用があるので、発毛および育毛効果を促進させるメリットに繋がって来ます。ちなみに、育毛剤に含まれることが多いミノキシジルは、細胞組織に投与した場合は振動刺激と同様に1.3倍程度の細胞の活性化が行われると言います。これに加えてセルフマッサージを上手に組み合わせた時には平常時の1.5倍の効果を期待できる、血行悪化の予防にも効果を期待できるわけです。

中年男性が育毛剤を頭皮に塗布した後に、クシなどを使って頭をトントンと叩く、このような映像を見たことがある人は多いのではないでしょうか。これは頭皮への刺激を与えて血流を高めるのと同じで、適度な刺激を与えることで発毛や育毛の成果をアップできる行為に繋がります。頭の中心には百会と呼ぶツボがあるのですが、百会の周囲には十字型にある四神聡と呼ぶツボがあります。ツボを刺激することで頭皮への刺激が与えられるので、育毛剤の効果をさらに高めることができます。ツボは人間の身体に無数にあるもの、それぞれのツボには悪いところを治す作用を持つのが特徴で、薄毛に良いものは頭だけでなく両手や胴体にもあるので、ツボについて詳しく掲載されているウェブサイトを見つけて実践すると良いでしょう。

セルフマッサージを施すことで睡眠の質も向上すると言いますが、睡眠は薄毛予防にはとても重要な要素を持つことをご存知でしょうか。日中頭皮環境は紫外線などによりダメージを受けている部分で、ダメージは睡眠中の自己回復力で元通りにしようとします。しかし、睡眠の質が悪い場合や毎日夜更かしを続けていると睡眠時間が短くなる、自己回復力だけではダメージを受けた頭皮を改善することができません。セルフマッサージを取り入れて睡眠の質を向上させることも予防に繋がって来ます。